出産内祝いで悩んだらカタログギフトが頼りになる!嬉しい利点が豊富

渡すときの心がけ

赤ちゃん

通常のお祝いとの違い

祝い事があると、それに対してお祝い品を贈ったりします。出産は非常にめでたいことなので、親族や友人、会社の関係者などからいろいろお祝いが届くかもしれません。お祝いをもらうときはまだ入院中であったり、自宅に戻っていても子供の世話などでかなりあわただしい状態です。なかなかお祝いに対するお礼も言えていない状態かもしれません。そのお礼を言える機会として出産内祝いがあります。夫婦でよく考えて商品を選ぶようにしましょう。出産内祝いを贈るとき、正式なマナーとしてはやはり渡す人の実家などに行って直接渡すことになるでしょう。もちろん宅配などでも構いません。目上の人となるとわざわざ行くときもあるので、その時に気をつけたい言葉があります。つい言ってしまいがちなのが、お返しとして出産内祝いを渡すとのフレーズです。出産内祝いはお返しのようなイメージがありますが、実際はお祝いのおすそ分けになります。ささやかなとかこ心ばかりのなどの言葉を添えるようにします。贈る時期のマナーとしては、早すぎず遅すぎずです。あまり急ぐ必要はなく、産後1箇月後ぐらいでも問題ありません。しかし2箇月を過ぎるようになると遅すぎます。少なくとも1箇月後ぐらいまでには準備をして、1箇月を経過してすぐぐらいに相手に到着するか届けるようにしましょう。その他子供の名入れをするときにはフリガナを入れるようにしましょう。オーソドックスな名前ならいいですが、読み間違える可能性があるならカナを振っておきましょう。

Copyright© 2018 出産内祝いで悩んだらカタログギフトが頼りになる!嬉しい利点が豊富 All Rights Reserved.