出産内祝いで悩んだらカタログギフトが頼りになる!嬉しい利点が豊富

雛人形

誰かに教えたい豆知識

そもそも雛人形は平安時代の貴族の人形遊びと、厄払いの形代が合わさったものです。厄払いという考えが、女の子の幸せを願うという現在の習慣につながっています。また男女一対の雛人形を内裏雛と呼び、男雛のみをお内裏様と呼ぶのは誤用です。さらに内裏雛の並びは京都とそれ以外の地域で逆になります。

詳しく見る

ランドセル

予算を立てよう

ランドセルは早めに購入する家庭が増えてきています。まずは予算を立てましょう。価格の幅は広く、安価なものでは1万円台で購入することも可能です。また、カラー展開が豊富になってきています。使いやすいものを選びましょう。

詳しく見る

赤ちゃん

渡すときの心がけ

出産内祝いは出産祝いのお返しのように考えがちで、つい渡すときにお祝いのお返しでと伝えてしまいます。しかしこれはマナー違反になります。心ばかりの品ですがなどを添えて渡すようにしましょう。子供の名入れをするときはフリガナもつけましょう。

詳しく見る

出産祝い

好みや家族に合わせる

出産内祝いは、お祝いをくれた人の好みを意識して選ぶようにしてみましょう。すべての人に同じものを贈る必要はなく、一人一人違うものでも構いません。相手の家族構成などを考慮して、スイーツなどを贈るのも良いかもしれません。

詳しく見る

雛人形

失敗しない選び方

一見すると同じように見える雛人形も個性があります。お顔は人形店や人形師によって顔立ちの傾向があるので、好みのものを探すにはネットショップや問屋を見て回るのがおすすめです。衣装は色の使い方や生地の種類や柄で大きく印象が変わります。個別の人形だけでなく全体の雰囲気も参考に選びましょう。

詳しく見る

カタログの利点

赤ちゃん

双方にとって嬉しい

出産祝いとしてベビー用品やベビーシューズなどをもらうという人も多いでしょう。家族や友人などから出産祝いをもらった後には、出産内祝いとしてきちんとお返しを行なうことも大切です。忘れないようにしましょう。しかし、出産内祝いを贈るにしても何を贈ったらいいか迷ってしまうのも事実です。もし出産内祝いの品物選びに困ってしまったら、カタログギフトを利用してみてはいかがでしょうか。カタログギフトを出産内祝いに私用した場合、以下のような利点があります。カタログギフトは多数の品物が掲載されたカタログを相手に贈り、その中から好きな物を相手が選んで、後日実際の品物を受け取るという形のギフトです。カタログに掲載されている物に限定されますが、相手が欲しいものを自分で選べるので、間違いが少ないのが一番の利点です。相手が好きな物を自分で、という意味では商品券も当てはまりますが、この場合誰にでもあてはまる無難な物を選んだ、という印象を与える可能性もあります。その点カタログギフトの場合、内容にこだわった特殊なカタログもたくさんあり、贈り手に合わせてチョイスする事も出来ます。年齢層や家族構成なども参考にしつつ、相手を思って贈る事で、贈られた相手にも自分のために選んでくれたという気持ちが伝わるでしょう。予算によって種類を選べるというのも、カタログギフトの利点です。出産内祝いに限らず、お祝いなどでお金や品物をいただいた場合には、その金額の半額から3分の1程度の品物をお返しに贈る、というのが一般的なマナーです。相手の好みに合わせつつ予算も見合った物というのは、一つ二つならともかく数が多くなるほど選ぶ負担は大きくなります。出産祝いをいただいてから2か月以内に出産内祝いを贈るともされており、出産後の慌ただしさも手伝って品物選びは難しい事が多いです。そんな場合でもカタログギフトなら、予算と品物双方から絞り込みをかければ、すぐに最適なカタログが見つかります。贈る側も贈られる側も嬉しい利点が豊富なのが、新たな出産内祝いの定番であるカタログギフトです。

Copyright© 2018 出産内祝いで悩んだらカタログギフトが頼りになる!嬉しい利点が豊富 All Rights Reserved.